学生・実習生

大震災

東北関東大震災におきまして、

被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げるとともに、

犠牲になられた方々とご遺族に対し、深くお悔やみ申し上げます。

 

 

 

さて、3月11日14時46分、大地震のあったとき、

ミミ先生は、花畑保育専門学校にいました。

 

 

卒業式を目前に控え、

この日は、午前中に卒業式の予行が行われ、

お昼で放課となっていました。

 

 

ミミ先生は、遅めの昼食を済ませ、

マグカップを洗うために、流しに向かおうと立ち上がったところでした。

 

 

大きく揺れましたが、

きっとすぐにおさまるだろう・・・と、思っていました。

ところが、揺れはなかなかおさまらず、

そのうち、玄関で、物が割れる大きな音がいくつも聞こえてきたので

教室に残っていた学生さんを誘導して、

非常階段から、外に出ました。

 

 

本当は、揺れがおさまってから外に出るべきだったのでしょうが、

なかなかおさまらなかったので、

中にいるのも危険だと判断し、外に出る決断をしました。

 

 

外に出ても、しばらく揺れていました。

 

 

他の通路から避難した学生もいたので

駐車場で全員を集め、人数を数え、情報を集めることにしました。

携帯のワンセグで、震源地が三陸沖と知りました。

花畑保専からは、とても離れたところなのに

こんなに揺れたのだから、被災地はどんなことになっているのかと

考えると恐ろしくなりました。

でも、目の前にいる学生さんを

無事に保護者のもとに帰さなくてはなりません。

まずは、そのことを第一に考えて、最初の行動をとることにしました。

 

 

この日、校長は不在。

副校長も食事のために外出していましたので

他の先生方と協力して行動しました。

 

 

以前に、

保育中に起こった地震の記録はないという記事を書きました。

この地震は、平日の昼間ですから、

花畑保専はもちろん、幼稚園や保育園でも保育中だったはずです。

 

 

後に、お花の国幼稚園で、聞いてみましたら、

このときは、降園のバスを待っているときで、

子どもたちは、先生の言うことをよく聞いて、

避難訓練と同じように、きちんと避難できたということです。

日頃の訓練の大切さを実感しますね。

 

 

親元を離れているときの地震です。

子どもたちは、きっと怖かったに違いありません。

保護者の方もさぞご心配だったことでしょう。

このとき、支えになるのは、保育者だけです。

先生が冷静に行動できなくてはなりません。

自分だって怖いでしょうが、取り乱さないようにしなくては・・・ですね。

 

 

報道番組で、

被災地の、ある小学校の卒業式の場面で親御さんが先生に、

「子どもたちを無事に親元に帰してくれてありがとう」と言って、

泣いているシーンがありました。

 

 

この言葉を聞いたとき、

先生は、これまでの緊張感が一気にほぐれ、

生きていたことを実感したのではないかと思いました。

それまでは、

子どもたちを無事に保護者のもとにかえすことに必死で、

自分の感情など、どこかに置き去りにしていたのではないかと・・・。

この言葉をきいて、ふっと我にかえり、

安堵すると同時に、

自分も怖かったことや不安に思ったこと、辛かったこと、

がんばらなくてはならなかったことなどが次々にあふれ、

やっと、「先生」から、

「自分自身」に戻れた瞬間だったのではないかと思いました。

 

 

そう思ったら、ミミ先生も涙がどんどんあふれてきて、

止まらなくなりました。

 

 

その後も余震はおさまらず、今もときどき大きく揺れます。

離れてはいますが、

福島原発から出る放射性物質のことも気になります。

一日も早く、元のような生活を取り戻したいです。

 

 

未曾有の大災害となりましたが、

このままでいるわけにはいきません。

世界中の皆さんが応援し協力してくれていますから、

日本中で力を合わせて、がんばっていきましょう。

もちろん、一番辛くて、一番がんばらなくてはならないのが

被災地の方々ですが、

(今までも、いろいろな場面で協力し合う動きは数々ありましたが)

日本中が、これほどまでに力を合わせようとする動きは、

そう多くはないのではないかと思います。

それぞれが、それぞれにできる方法で、

被災地を、そして日本を立て直していかなくてはいけませんね。

これこそが、大和魂です。

 

 

がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼稚園教育実習もあと少し

2年生の幼稚園教育実習も残り1週間となりました。

今月いっぱいまでです。

 

 

自分の持てる力を精一杯発揮して

悔いのない実習にして欲しいですね。

 

 

幼稚園の創立記念日や親子遠足(実習生はお休み)、土曜日などに

学校に来ては、

今までの実習の様子を報告してくれたり、

これからの実習の相談をしたりする学生さんを見て、

実習に行く前と比べると、

ずいぶん頼もしくなったなぁ~と感じています。

園児ひとりひとりについて、

実習生なりに理解して関わろうとしている様子が伝わってきます。

 

 

今週は、「1日実習」や「責任実習」と呼ばれる実習があります。

補助的なことをしながら学ぶのではなく、

主体的に、計画的に実践していきます。

 

 

だいぶ前から、準備もすすめているようですが、

落ち度のないよう、よく確認して、

とっさのときにも、適切な行動がとれるようになるといいですね。

なんだかミミ先生の方が緊張してしまいそう・・・。

(;´▽`A``

 

 

実習から戻ってくる2年生を笑顔で迎えてあげたいなと思っています。

きっと大きく成長していることでしょう。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年生が幼稚園教育実習へ

GW明けから、

2年生が幼稚園教育実習のために、それぞれの幼稚園に行き、

実習がスタートしました。

 

 

GW前、

実習間際になってあれこれ心配しだした学生さんが、

「ミミ先生、祝日に来ていい?聞きたいことがあるの」

 

 

おやおや・・・。

園児のようなことを言いますね。

 

 

幼稚園の先生をしている頃、

3歳の園児に、「先生は幼稚園に住んでいる」と思われていたようで、

「先生もおうちに帰るよ」というと、

ものすごくビックリされましたことを思い出します。

w(゚o゚)w

若干、5歳の年長さんにも驚かれたことがありますが・・・。

(゚ー゚;

もちろん、住んでいるはずがありません。

 

 

同じようなセリフを、花畑保育専門学校の学生さんたちから聞こうとは・・・。

!!(゚ロ゚屮)屮

 

 

「祝日は、お休みですから、学校にはいませんよ。

学校も、鍵が閉まっています。」と答えると

「???」

 

 

すでに、パニック状態なのでしょうか、状況がよく読めないようです。

 

 

「カレンダーの赤い日は、祝日と日曜日だから、お休みだよ。」と言うと

「カレンダーの、赤い、日は、先生は、いない・・・。」と、メモし始めました。

えーーーーーっ!

!!(゚ロ゚屮)屮

こりゃあ、かなりのパニック状態のようです。

思わず、「大丈夫?」と聞いてしまいましたよ。

ヾ(;´Д`A

緊張の度合いが高いのですね、心配です。

 

 

挨拶と笑顔を忘れず、ルール(約束)を守って、真摯に取り組んでくれば

それで、かなりの部分は、大丈夫なはず

失敗を恐れて何もしないより、

頑張って失敗したのなら、次に繰り返さない努力ができれば

何よりの学習になります。

 

 

現場の先生方は、

(そりゃあ、できたことに越したことはありませんが)

実習生が何でも完璧にできるなんて思っていないと思いますよ。

実習生が、そこに向けて、努力する姿勢が見たいのだと思います。

事実、ミミ先生はそうでした。

 

努力する姿は美しい

さぁ、力いっぱいの努力をしましょう。

がんばれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観察実習と実習ガイダンス

新学期でバタバタと忙しく、なかなか更新できませんでしたが、

ミミ先生は元気です

ヽ(´▽`)/

 

 

さて、

今日は、花畑保育専門学校の新入生のみなさんが、

附属のお花の国幼稚園で、初めての観察実習を行いましたよ。

 

 

 

幾日も前から、この日のために準備を整え、いざ出発!

 

 

緊張しているのか、はじめは子どもたちにうまく声が掛けられない様子。

出発前は、はりきっていたのに、あれれ???

 

 

そこで、

学生さんたちの見本になるように、

ミミ先生は積極的に子どもたちに声をかけ・・・。

 

・・・なんて

実は、久しぶりの保育に、学生さんの付き添いであることを忘れて

ミミ先生自身が楽しんでしまいました。

゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

 

 

学生さんたちも、少しずつ慣れてきて、

降園の頃には、笑顔も出てきましたよ。

バスの近くまで行って、別れ難そうに子どもたちを見送っていました。

 

 

 

 

子どもたちが帰ったあとは、

お花の国幼稚園の先生方に実習ガイダンスをしていただきました。

実によくお話を聞いている学生さん。

幼稚園の先生に、褒められていましたよ。

 

 

さぁ、この調子で、実習がんばりましょうね。

次の実習は6月です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業開始

今日は、新入生が受けるミミ先生の授業初日でした。

 

みんな、緊張してましたねぇ~。

(≧m≦)

いつまでこの緊張感は続くでしょう・・・。

 

 

今日は、「保育」という文字から、

どんな意味がかくされているだろう・・・とみんなで考えてみるところから

スタートしてみました。

 

 

まだ、全く保育について勉強していない状態での、今の、

「保育観」や「幼児期の記憶」「幼稚園や保育所のイメージ」

などについても聞いてみましたよ。

 

保育について学んだり、実習したりして、就職も決まった頃の

「2年後の自分」は、「今の自分」のこの意見をどう感じるのでしょうね。

比較してみるというのも興味深いですね。

 

・・・と、いうわけで、これを記録して、ミミ先生が保存し、

タイムカプセルのように、

約2年後の卒業直前の彼女たち(現一年生)に見せてあげたい・・・と

考えています。

( ´艸`)楽しみっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入学おめでとう

新しい顔ぶれが揃いました。

7日(水)に入学式が済み、今週はオリエンテーション。

来週から、さっそく授業が始まります。

 

期待に胸を膨らませて入学した学生さん、

一緒にがんばりましょう。

よろしくね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業おめでとう

2年生が卒業しました

おめでとう

\(*^▽^*)/

 

 

色とりどりの袴姿で、「ステキ」と思ったのも、つかの間。

「ミミせんせぇ~~」と、バタバタやってくる彼女たちを見ると

「あら、いつもと一緒だわ」って感じでした。

まぁ、この明るさがいいんですけどね。

(≧m≦)

 

 

卒業式終了後、2年生のMちゃんに

「先生たち、4階のリズム室に来てくださ~い!」と言われ、

2階の研究室から上がって、一番広い教室のリズム室に行くと

なんと、卒業生たちが、袴姿のまま、大きな円陣を組んでいました。

そりゃあもう、圧巻って感じでしたよ。

 

専任の先生方が並ぶと、

卒業生の代表が、お礼の挨拶をしてくれました。

そして、

抱えきれないほどの大きな生花アレンジメントを、

先生方、ひとりひとりに、メッセージと共にくれました。

 

ミミ先生は、Mくんという男子に、

「ミミ先生の授業は、とても楽しかったです」というメッセージと共に

お花をいただきましたよ。

これは、ミミ先生にとって、とてもうれしい言葉です。

ありがとう、この言葉を胸にこれからも頑張るね。

 

なんてすてきなサプライズ

 

 

 

その後は、謝恩会。

 

最近では、この言葉は、あまり使いませんね。

「お別れパーティ」などという名前で催され、

意味合いも少し変化しているように思います。

学生も、先生も

共に別れを惜しみ、共に卒業を祝おう!という趣旨で、

会費制の宴席で最後の楽しいひと時を過ごします。

 

ところが、今年の宴は、

「お別れパーティ」ではなく「謝恩会」。

 

会費を払おうとしたら

「経費はすべて、卒業生で割って集金済みで、今、先生方からお金を

いただくと、余ってしまい、逆に迷惑なので・・・。」

と、大人な返しをしたのは、幹事のTくん。

某有名大学卒業後、お勤めしてから入学していた学生さんです。

なんとしても受け取ってくれません。

 

・・・。

有り難い行為だけど、こちらとしても困ったなぁ~ということで

先生方で話し合って、一人ずつに記念品を贈ることにしました。

謝恩会終盤、先生方からの挨拶のあと、

ひとりひとりに激励の言葉をかけて渡すと、

とても喜んでくれましたよ

 

最後は、

通路の両端に学生さんたちが並んで

先生方を送ってくれました←涙

 

期待と不安(不安の方が大きいかな?)を抱えて

社会へ出るみなさんを、ミミ先生は、いつまでも見守っています。

学生のようにはいきませんから、つらいと感じることも多いでしょう。

そのつらさが、ゆきだるまのように

どんどん大きくなって、しかもドンとその上にもうひとつ乗ってしまう前に

ぜひ、お話しましょう・・・。

そんな言葉をおくって、お別れしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年生の保育所実習Ⅰ修了

1年生が、保育所実習から帰ってきました。

 

風邪などの理由で欠席したため実習期間が延長になった学生さんも

戻ってきて、それぞれが、誇らしげに実習の報告をしてくれましたよ。

(*^-^*)

彼女たちの成長に、ミミ先生も嬉しくなります。

 

 

さぁ、これから、

実習の反省をしっかりまとめて、

次の、幼稚園教育実習に向けて生かしていきましょう。

良かったことも、悪かったことも

頑張ったことも、そうでないことも、理解できたことも・・・。

しっかりと見つめなおす今こそが、一番大事なときですね。

 

反省して次に生かす・・・これが一番重要であり、

自分自身を成長させてくれるものでもります。

この「反省」のために実習がある・・・そういっても過言ではない

とさえ、ミミ先生は思います。

そのくらい大事です。

 

公共広告機構のCMでも、「~ぱなしは なしって話です」って

歌っていますよね?

実習し放しは×ですよ、みなさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日の学校

先週の月曜日から、1年生が保育所実習をしています。

 

土曜日がお休みだった保育園で、実習をしていた学生さんが、

午後になったら、次々と学校へやってきました。

 

絵本や紙芝居を借りていったり、

「ミミ先生、手遊び教えて~」とか

「ほめてもらったよ」「遅刻してないよ」等々

この1週間のことを話したくて仕方がないといった感じで

しゃべりっぱなしの学生さん。

 

「うん、うん、うん・・・。」と聞いていたミミ先生は

おかげ様(?)で、ほとんど仕事ができませんでした。

(゚ー゚;

でも、まぁ、この日は、こんなことになるだろうと、

「楽しみで」が半分、「覚悟して」が半分くらいで

待っていましたから、

すっかり、手は休めて、聞き入ってしまいましたよ。

(≧m≦)

 

 

たった1週間ですが、

社会に出た彼女たちは、

なんだか、ひとまわり大きくなったような感じがしました。

「実習」ってすごいなぁ~と改めて実感したミミ先生でした。

すこ~しだけ、保育者っぽくなっていた気がします。

( ´艸`)プププ

今週は、後半戦に突入。

疲れもでてくることでしょうが、さらに精進してほしいものですね。

 

 

ガンバレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実習巡回

昨日は、実習の挨拶まわりに行ってきました。

 

 

初めて訪問した保育園でしたので、

学生さんが書いてくれた地図では、いまひとつ理解できず、

迷子になりました。

Σ( ̄ロ ̄lll) ガーーン

 

保育園は見えるのに、なかなかたどり着かない・・・

行けば行くほど細い道になって

小さな路地に入ってしまって、Uターンができなかったり・・・

「この先、通り抜けられません」なんて看板があるし・・・

おまけに、クルマを擦りそうになるし・・・。

。゜゜(´□`。)°゜。

 

 

こんな思いをして、やっと保育園にたどり着きました。

(;´д`)トホホ…

 

 

 

さて、

巡回の流れは、園によって多少違いはありますが、

ほぼ、以下のような感じです。

   ↓     ↓

学生がお世話になっているお礼を伝え、

園長先生や主任の先生、

実習担当の先生、実習クラス担任の先生などから

これまでの実習の様子をうかがいます。

学生が実習しているところも見せていただき、

その後、学生と面接します。

 

 

昨日伺ったAちゃんの保育園では、

Aちゃんをべた褒めでしたよ。

多少のお世辞もあるでしょうが、褒めていただけるということは

相当、頑張っているのだな・・・と感じました。

この頑張りが、最終日まで持続できるといいな・・・とか

無理しすぎて、体調を壊さないといいな・・・とか

いろいろなことを考えましたが、

何よりも、

Aちゃんが褒められたことは、自分のことのように

ミミ先生もうれしく思いました、

o(*^▽^*)o

 

 

他の学生さんも、

同じように、がんばっていることでしょうね。

来週には、また、別の園に訪問します。

 

 

 

明日は、日曜日でお休み。

実習生のみなさん、

ゆっくりと体を休めることも、大切な実習のうちの「ひとつ」ですよ。

よく寝て、気分を切り替えて、来週の準備や練習をしましょうね。

 

 

ガンバレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)