健康・安全

大震災

東北関東大震災におきまして、

被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げるとともに、

犠牲になられた方々とご遺族に対し、深くお悔やみ申し上げます。

 

 

 

さて、3月11日14時46分、大地震のあったとき、

ミミ先生は、花畑保育専門学校にいました。

 

 

卒業式を目前に控え、

この日は、午前中に卒業式の予行が行われ、

お昼で放課となっていました。

 

 

ミミ先生は、遅めの昼食を済ませ、

マグカップを洗うために、流しに向かおうと立ち上がったところでした。

 

 

大きく揺れましたが、

きっとすぐにおさまるだろう・・・と、思っていました。

ところが、揺れはなかなかおさまらず、

そのうち、玄関で、物が割れる大きな音がいくつも聞こえてきたので

教室に残っていた学生さんを誘導して、

非常階段から、外に出ました。

 

 

本当は、揺れがおさまってから外に出るべきだったのでしょうが、

なかなかおさまらなかったので、

中にいるのも危険だと判断し、外に出る決断をしました。

 

 

外に出ても、しばらく揺れていました。

 

 

他の通路から避難した学生もいたので

駐車場で全員を集め、人数を数え、情報を集めることにしました。

携帯のワンセグで、震源地が三陸沖と知りました。

花畑保専からは、とても離れたところなのに

こんなに揺れたのだから、被災地はどんなことになっているのかと

考えると恐ろしくなりました。

でも、目の前にいる学生さんを

無事に保護者のもとに帰さなくてはなりません。

まずは、そのことを第一に考えて、最初の行動をとることにしました。

 

 

この日、校長は不在。

副校長も食事のために外出していましたので

他の先生方と協力して行動しました。

 

 

以前に、

保育中に起こった地震の記録はないという記事を書きました。

この地震は、平日の昼間ですから、

花畑保専はもちろん、幼稚園や保育園でも保育中だったはずです。

 

 

後に、お花の国幼稚園で、聞いてみましたら、

このときは、降園のバスを待っているときで、

子どもたちは、先生の言うことをよく聞いて、

避難訓練と同じように、きちんと避難できたということです。

日頃の訓練の大切さを実感しますね。

 

 

親元を離れているときの地震です。

子どもたちは、きっと怖かったに違いありません。

保護者の方もさぞご心配だったことでしょう。

このとき、支えになるのは、保育者だけです。

先生が冷静に行動できなくてはなりません。

自分だって怖いでしょうが、取り乱さないようにしなくては・・・ですね。

 

 

報道番組で、

被災地の、ある小学校の卒業式の場面で親御さんが先生に、

「子どもたちを無事に親元に帰してくれてありがとう」と言って、

泣いているシーンがありました。

 

 

この言葉を聞いたとき、

先生は、これまでの緊張感が一気にほぐれ、

生きていたことを実感したのではないかと思いました。

それまでは、

子どもたちを無事に保護者のもとにかえすことに必死で、

自分の感情など、どこかに置き去りにしていたのではないかと・・・。

この言葉をきいて、ふっと我にかえり、

安堵すると同時に、

自分も怖かったことや不安に思ったこと、辛かったこと、

がんばらなくてはならなかったことなどが次々にあふれ、

やっと、「先生」から、

「自分自身」に戻れた瞬間だったのではないかと思いました。

 

 

そう思ったら、ミミ先生も涙がどんどんあふれてきて、

止まらなくなりました。

 

 

その後も余震はおさまらず、今もときどき大きく揺れます。

離れてはいますが、

福島原発から出る放射性物質のことも気になります。

一日も早く、元のような生活を取り戻したいです。

 

 

未曾有の大災害となりましたが、

このままでいるわけにはいきません。

世界中の皆さんが応援し協力してくれていますから、

日本中で力を合わせて、がんばっていきましょう。

もちろん、一番辛くて、一番がんばらなくてはならないのが

被災地の方々ですが、

(今までも、いろいろな場面で協力し合う動きは数々ありましたが)

日本中が、これほどまでに力を合わせようとする動きは、

そう多くはないのではないかと思います。

それぞれが、それぞれにできる方法で、

被災地を、そして日本を立て直していかなくてはいけませんね。

これこそが、大和魂です。

 

 

がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保育中に起こった大地震の事例がない?

私たちの記憶に新しい大地震と言えば、

1995年1月17日(火)午前5:46発生の阪神・淡路大地震と

2004年10月23日(土)17:56発生の新潟県中越地震が

あげられますが、発生の曜日と時刻からもわかるように、

いずれも園が閉まっている時間帯です。

 

 

半壊、全壊した園舎はありましたが、

早朝と、土曜の夕方ということで、保育中の被災ではありません。

保育中だったら、どんなことになっていたでしょうか・・・。

自分の園の子どもたちが、

同僚が、

そして、自分自身が、生命に係わるケガをしていたかもしれません。

 

 

それを考えると、

「保育中でなくて本当によかった」と思う反面、

いつ起こるかわからない地震に対して「万全」な準備を

しておかなければならないことを実感します。

私たちが「万全」と思っていた準備は、本当に「万全」でしょうか?

 

 

対象年齢が0歳から小学校就学前という幼い子どもたちの集団を

保育する幼稚園・保育所ですから、

一般的なもの以上の準備や心構えが必要かもしれませんね。

 

 

何かの機会がないと、なかなか普段の保育の中では、

日常の事柄や他の行事等に追われてしまい、

いつ起こるか起こらないかわからない災害などについては

ついつい放っておいてしまい、

避難訓練などもおざなりになってしまいがちです。

でも、実際に地震が起きてから考えましょう・・・では遅いのです。

 

 

そこで、「今こそ」その機会だと受け止めて

園の関係者で考え、準備し、共通理解しておきましょう。

実は、この「共通理解」こそが、大切なキーワードとなります。

 

 

次回は、

地震のための保育環境について考えていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

避難訓練をする法的根拠

「9月1日は防災の日です」というテーマで、

前回の保育者の引き出しに記したように、

数回にわたって、災害について特集していきましょう。

 

 

インターネットで調べていましたら、こんな記述がありました。

「避難訓練は、やる意味があるの?」

「偽善で、真似事だけの避難訓練なのでは?」

「なぜ避難訓練をしなければいけないの?」

「面倒くさいだけ」

「実際には、訓練のようにいかないんじゃない?」等々

 

 

 

そこで、今回は、

具体的な内容に入る前に、法的根拠について勉強してみましょう。

 

 

まずは、「幼稚園教育要領」と「保育所保育指針」。

Cimg4240

以下のように定められています

 

 

幼稚園教育要領では、

第3章 指導計画及び教育課程に係る教育時間の終了後に行う教育活動などの留意事項」の中の、「第3節 特に留意する事項」の更に中の、「1、安全に関する指導」に、その記述があります。

(1)安全に関する指導に当たっては、情緒の安定を図り、遊びを通して状況に応じて機敏に自分の体を動かすことができるようにするとともに、危険な場所や事物などが分かり、安全についての理解を深めるようにすること。 また、交通安全の習慣を身に付けるようにするとともに、災害などの緊急時に適切な行動がとれるようにするための訓練なども行うようにすること。

 

 

保育所保育指針では、

第5章 健康及び安全」の中の、「2、環境及び衛生管理並びに安全管理」の更に中の、「(2) 事故防止及び安全対策」に書かれています。

イ 災害や事故の発生に備え、危険箇所の点検や避難訓練を実施するとともに、外部からの不審者等の侵入防止のための措置や訓練などの不測の事態に備えて必要な対応を図ること。 また、子どもの精神保健面における対応に留意すること。

と、あります。

 

 

 

消防署でも聞いてみましたら、

幼稚園や保育所では、年に2回以上の避難訓練を行い、

それを消防署に届け出る義務があると法律で定められている

とのことで、

ほとんどの園が、学期に1回、月に1回などのペースで

地震や火災などを想定した避難訓練を実施しているそうです。

 

 

 

では、消防法についても調べてみましょう。

第8条に、こんな記述があります。

学校、病院、工場、事業場、興行場、百貨店(これに準ずるものとして政令で定める大規模な小売店舗を含む。以下同じ。)、複合用途防火対象物(防火対象物で政令で定める2以下の用途に供されるものをいう。以下同じ。)その他多数の者が出入し、勤務し、又は居住する防火対象物で政令で定めるものの管理について権原を有する者は、政令で定める資格を有する者のうちから防火管理者を定め、当該防火対象物についで消防計画の作成、当該消防計画に基づく消火、通報及び避難の訓練の実施、消防の用に供する設備、消防用水又は消火活動上必要な施設の点検及び整備、火気の使用又は取扱いに関する監督、避難又は防火上必要な構造及び設備の維持管理並びに収容人員の管理その他防火管理上必要な業務を行なわせなければならない。
2 前項の権原を有する者は、同項の規定により防火管理者を定めたときは、遅滞なくその旨を所轄消防長又は消防署長に届け出なければならない。これを解任したときも、同様とする。

 

 

消防法施行令 「第4条 防火管理者の責務」では、以下のとおりです。

防火管理者は、防火管理上必要な業務を行うときは、必要に応じて当該防火対象物の管理について権原を有する者の指示を求め、誠実にその職務を遂行しなければならない。

2、防火管理者は、消防の用に供する設備、消防用水若しくは消火活動上必要な施設の点検及び整備又は火気の使用若しくは取扱いに関する監督を行うときは、火元責任者その他の防火管理の業務に従事する者に対し、必要な指示を与えなければならない。

3、防火管理者は、総務省令で定めるところにより、消防計画を作成し、これに基づいて消火、通報及び避難の訓練を定期的に実施しなければならない

 

 

この二つから、

園では、防火管理者を決める必要があることがわかります。

 

防火管理者は、

防火管理上必要な業務を適切に遂行することができる管理的

又は監督的な地位にある者で、

消防署で、防火管理講習というものを受けます。

 

 

 

 ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 

 

 

こうやって、法的根拠について書き連ねるとなんだか難しそうですが、

保育のプロとして、

避難訓練について、

きちんと根拠あることを理解していることは大切ですね。

 

 

なんで避難訓練する必要があるのかわからない保育者より

法的根拠があることを知っている保育者の方が、ずっとカッコイイですよ

 

 

さぁ、次回は、具体的な内容に触れていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月1日は防災の日です

突然ですが、

なぜ9月1日が防災の日か、ご存知ですか?

 

 

 

実は、

1923年(大正12年)の9月1日午前11:58に発生した関東大震災を

忘れずに、災害に備えましょう・・・ということで、

1960年に制定されています。

 

 

ミミ先生がお世話になったお花の国幼稚園の先代の園長先生は、

「パンにバターを塗っていたら、グラグラ・・・ときた」と、

この日の話をしてくれました。

時間をみると、ちょうど昼食の頃ですね。

(この時代に、パンにバターとは、もしかしてお金持ち?)

 

 

記憶に新しいところでは、

1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災は、午前5:46。

2004年10月23日の新潟県中越地震は、17:56。

津波による被害の大きかったスマトラ島沖地震は、

現地時間で、2004年12月26日午前7:58に起こっています。

 

 

これらのことからもわかるように、

地震は、時やタイミングを選ばず、突然やってきます。

寝ている時だったり、食事の準備中だったり・・・。

もしかしたら、自分が保育をしている最中に発生するかもしれません。

 

 

避難訓練を、

単なる行事やイベントの一環ととらえていたり

「面倒くさい」とか

「こんなのしたって、実際には役立たないよね」なんて

思っている人はいませんか?

 

保育者は、大切なお子さんの命をお預かりする職業です。

 

 

保育者が、

災害についての知識を、しっかりと持っていることは大切なことであり、

生死を左右する可能性だってあります。 

 

 

お預かりしたお子さんを、無事に保護者の方に引き渡せるように、

そして、職員の人や自分自身も守れるように、

この機会に少しずつ、

「頭の引き出し」に「災害」についての知識を入れていきましょう。

 

 

これから、数回にわたって、

災害、特に「地震」について載せていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザの予防接種

新型インフルエンザに加え、

季節性のインフルエンザも心配なこの時期。

 

 

たくさんの人と接し、集団生活をする場に勤めていますので、

流行性の疾病には気をつけています。

とくに、このところ、インフルエンザが猛威をふるい、

あちらこちらで、学級閉鎖の話を耳にします。

 

保育現場はもちろん、学校でも

「先生」が数日間病欠することになってしまうと、

園児や学生が困ってしまいますし、

他の先生方にも迷惑をかけてしまいますから、

なかなか休むことができません。

 

だからと言って、

無理をして、重症化させてしまうわけにもいきませんね。

 

なので、ミミ先生は、

お花の国幼稚園のときも、

花畑保育専門学校に来てからも、

毎年、インフルエンザの予防接種を受けるようにしています。

 

 

 

新型インフルエンザの予防接種は受けられませんが

季節性の方だけでも、早めに打っておこうと思って

今年も、例年のごとく、かかりつけのお医者さまのところにうかがい、

「予防接種をお願いします。」といいましたら

「もうワクチンがありません。」と、お医者さま。

 

 

!!(゚ロ゚屮)屮

えっ?季節性の方のワクチンもないの?

じゃあ、どうすればいいわけ?

 

 

目の前が真っ白になり、心臓がバクバクして、大病した気分になり・・・

と、一瞬取り乱してしまうくらい、驚いてしまいましたが、

仕方なく、この日はあきらめて、

次の入荷分に期待して、「予約」をしました。

そして、先日、病院で無事、接種してくることができましたよ。

(*´Д`*)ゞ

 

 

 

製薬会社で、新型用ワクチンを製造するのが大変だったのと

この流行で心配になり、「季節性の方だけでも・・・」と、

それまで受けていなかった人も、接種するようになったから・・・だと

言われていますね。

 

 

予防接種を受ければ、

絶対にインフルエンザにかからないというわけではないので

やはり、

日頃の「うがい」や「手洗い」が、大切です。

 

 

この「うがい」「手洗い」は、予防策としては

かなり有効だという話です。

また、

ウイルスというと「のど」という印象が強いのですが

「のど」に到達する前に、まず「口の中」に入るわけですから

「舌の上」や「歯間」などにウイルスが付着している場合もあるようで

まめな歯磨きや舌磨きも有効らしいですよ。

 

 

 

まぁ、この際ですから

「良い」といわれることは、とりあえず何でもしておくことが

最大の防御なのではないかと、ミミ先生は考えます。

 

 

 

最近は、かばんの中に、こんなものを常備しています。

     ↓     ↓

Cimg3475_3

 

(左)→のどぬ~るスプレーEXクール(小林製薬)

      のどの殺菌・消毒

      第3類医薬品

      

(右)→薬用 ウィルテクト(小林製薬)

      手指の殺菌・消毒ジェル

 

 

 

小さいので、携帯に便利です。

うがいや手洗いができない場所やタイミングでも

これがあれば、安心です。

 

 

そうそう、お出かけの時は

ペットボトルに水を入れて、持ち歩くと便利ですよ。

出先で、

うがいをしたいけど、トイレの水を口に入れるのは・・・(ρ_;)

と、いうとき

持っているペットボトルの水で、うがいをすればOK

 

そのときは、まず、ぶくぶくと口の中をゆすいで、捨ててから

ガラガラ・・・と、うがいして、のどを洗いましょう。

 

いきなりガラガラうがいをすると、

口の中に潜んでいたウイルスを、奥へと案内してしまうことにも

なりかねませんから。

 

 

 

では、お互い健康に気をつけて、がんばっていきましょうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)